見極める

データ修復サービスを扱う業者の特徴を見極めて選ぶ工夫が大事

記録メディアのトラブルによってデータが取り出せなくなったり、あるいは破損した場合に、それらのデータを修復、サルベージできるのがデータ修復サービスです。 このサービスは業者によって内容が大きく変わるため、それぞれの業者ごとの特徴を見極めてから選ぶ工夫によって、よりデータの復旧率を高めたり、リーズナブルな価格の業者を選びやすくなります。 具体的にはデータ修復サービスを扱う業者には、RAIDのデータ修復を得意とする業者がいたり、SSDのデータ修復を得意とする業者、重度の物理障害を直すことができる専用クリーンルームを備えている会社などがあります。 これらの業者ごとの特徴を見極めてから選ぶ工夫で、より故障やトラブルに対応しやすい業者を適正価格で依頼できる可能性を高めてくれます。

幅広いメディアやストレージへの対応するために業者は取り組んでいる

現代では記録メディアやストレージも多様化しており、データ修復サービスを扱う会社はそれらへの対応ができるように取り組みを続けています。 例えばデジカメやドライブレコーダーなどに使われているメモリーカードに対応している業者も現在では多く見られます。またパソコンやサーバなどに使用されているストレージである、ハードディスクにも当然対応しており物理障害、論理障害を問わずに対応できる業者がほとんどです。 最近ではRAIDに対応ができるデータ修復業者も増えており、ファイルサーバのような多数のハードディスクを用いた構成の機器でもデータの救出ができるようになっています。 このように現在のデータ修復サービスを扱う業者は、様々なメディアやストレージへの対応に取り組んでおり、より幅広い対応が可能となっています。